大阪(大阪・京都・兵庫・奈良)の美容整形外科クリニック比較ナビ

美容整形、美容外科クリニックでお悩みの方へ美容整形で人気のクリニックを徹底調査

無料掲載申し込み

美容整形外科の施術について

日本でもあまり珍しくなくなった美容整形。外見のコンプレックスを克服し、自分に自信を持てるようになりたい方は、美容整形外科クリニックで施術を受けるのも一つの方法です。もちろん気になる方もいらっしゃると思います。このサイトでは美容整形外科でできる施術について詳しくご説明させていただきます。

脂肪吸引・痩身

カニューレを使用した一般的な脂肪吸引の他、超音波機器を使用する脂肪吸引も最近では行われています。超音波機器を使用した施術方法には、大きく分けると「体外式」と「体内式」の二種類があります。それぞれ施術方法が異なりますので、まずはここで分かりやすく説明したいと思います。
超音波機器を使用する脂肪吸引の施術方法には、大きく分けると「体外式」と「体内式」の二種類があります。それぞれ施術方法が異なりますので、まずはここで分かりやすく説明したいと思います。

【脂肪吸引カニューレ】

■施術の特徴
脂肪吸引手術では「カニューレ」と呼ばれる細い器具を使用します。施術する箇所を最小限に切開し、カニューレを挿入して脂肪を吸引します。部位の場所や深さによって、多種多様な長さ、形、大きさのカニューレを使用します。必要に応じて適切なカニューレを使い分ける必要があり、医師の技術や施術実績が必要になる施術です。

【超音波式脂肪吸引】

  施術方法 メリット デメリット
体内式 施術部位にカニューレを挿入し、そこから直接、脂肪に超音波を当てます。超音波で脂肪細胞を分泌しながら、どんどん脂肪を吸引していきます。 施術中・施術後の痛みや腫れ、出血が少なく、吸引ムラしにくい。 カニューレの管の直径が太くなり、手術時間が長くなる。
体外式 施術部位に体外から超音波を照射し、その温熱で脂肪組織をやわらかくさせます。その後、カニューレを挿入して脂肪を吸引します。 施術中・施術後の痛みや腫れが少なく、吸引ムラしにくい。吸引した脂肪を胸などに注入して再利用することも可能。 表皮に熱傷を起こす危険性がある。
■施術の特徴
脂肪吸引には、超音波式脂肪吸引という最新式の技術も普及しています。この施術方法では超音波の振動力を使い、脂肪組織を分解したり、脂肪組織をやわらかくして、スムーズに脂肪吸引を行うことができます。超音波式脂肪吸引には「体外式」「体内式」の二種類がありますが、日本では「体外式」が一般的に利用されています。
注目の施術 最新の体内式超音波脂肪吸引・ベイザー
ベイザー波(超音波振動波)により、脂肪組織のみを周囲の結合組織より遊離させ、振り落とされた脂肪組織を刃のない特殊カニューレ(VentXカニューラ)で効率よく吸引いたします。
その結果、これまでにないダウンタイムの短縮と大量の脂肪吸引を同時に可能としました。

【レーザー脂肪吸引】

■施術の特徴

リポレーザーなど、体内式のレーザーによる脂肪吸引は、注射針のような極細の管を皮膚に挿入し、レーザーを照射するというもの。
挿入口が小さいので、傷跡は2~3mm程度で、数日後にはほとんど目立たなくなります。
レーザーには止血効果や殺菌効果があるので、出血がほとんどないのも大きなメリットです。エルコーニアなどの対外式は、超音波と同様に組織を柔らかくする働きがあり、カニューレを挿入して脂肪を吸引します。

【脂肪融解注射(メソセラピー)】

■施術の特徴

メスを使わない治療法の一つに「メソセラピー」という方法もあります。これは注射器を用いて治療部位に薬液を少量術注入し、脂肪を分解・溶解させる方法です。「切らない脂肪吸引」として最近では人気の高い治療法です。メソセラピーの最大のメリットは、頭部や顔、二の腕、太もも、ふくらはぎなど、ピンポイントでの部分痩せがメスを使わずにできることです。施術できる範囲は限られていますが、施術時間も短時間で済む点が利点となっております。

ページ上部へ
HOME  |  大阪(大阪・京都・兵庫・奈良)のおすすめの美容外科クリニック紹介  |  美容整形外科の施術について
大阪(大阪・京都・兵庫・奈良)の美容整形外科クリニックの選び方
ホントはどうなの?男と女の本音  |  アンケート結果  |  運営会社  |  このサイトについて

Copyright(c) 【2020年最新版】 比較市場 All Rights Reserved.