大阪(大阪・京都・兵庫・奈良)の美容整形外科クリニック比較ナビ

美容整形、美容外科クリニックでお悩みの方へ美容整形で人気のクリニックを徹底調査

無料掲載申し込み

美容整形外科の施術について

日本でもあまり珍しくなくなった美容整形。外見のコンプレックスを克服し、自分に自信を持てるようになりたい方は、美容整形外科クリニックで施術を受けるのも一つの方法です。もちろん気になる方もいらっしゃると思います。このサイトでは美容整形外科でできる施術について詳しくご説明させていただきます。

わきが・多汗症

わきがを抑える方法としては、脂分の摂取を控え、抗菌作用がある野菜中心の食生活に切り換える食事療法や、デオドラント剤の使用による防臭法、吸水性、ドライ機能を備えた衣類での対策などが推奨されています。しかしどの方法も、わきがの原因の根本的な解決にはつながりません。
根本原因の解決をお考えの方は、手術による治療をおすすめします。

種類 機能 原因
皮脂線 皮脂を分泌し、身体の表麺を守り、潤いを与える働きを持つ。 皮脂の分泌とともに、皮脂線内に脂肪酸が雑菌に分解され、においの発生源となる。
汗線
(エクリン)
汗を出し、体温調節する役割がある。 雑菌と混ざる事で、においが発生。
汗線
(アポクリン)
フェロモンを分泌する汗腺。主に、脇の下、胸の周りなど、特定の場所に密集。 脂肪、鉄分、尿素、アンモニア、タンパク質などが含まれ、汗自体ににおいがある。雑菌のエサとなることで、においが強くなる。

【ボトックス治療】

最近のわきが治療法では、ボトックス治療という治療法が注目されております。ボトックスをわきの皮下に注入することで、わきの下からの発汗を抑制する作用があります。ボトックスではわきがの原因そのものを除去することはできませんが、精神性発汗型には非常に効果があります。

注目の施術 ローラークランプ法とは?

わきが治療で気になるのは、手術後の傷跡だと思います。
保険診療のわきが手術では、手術後半年が経過しても傷跡がはっきりと残ってしまうこともありますが、「ローラークランプ法」という方法は、ローラーで皮膚を押さえながら吸引する方法です。皮膚のすぐ下にあるアポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺をスムーズに吸引することができ、施術後の傷跡も最小限で済み、美しい仕上がりが期待できます。1999年、パリの学会でも発表したこの治療法は好評を博し、現在でもフランスや韓国をはじめ、海外でもその効果が認められ使用されています。

POINT 精神不安からの解消

わきがの症状は、自分ではなかなか気づきにくいものです。
それだけに、常に臭っているのかもしれないという不安を抱く人も少なくありません。
周囲の人に不快感を与えていないかを気にし過ぎるあまり、対人恐怖症に発展し、社会生活に支障が出てしまう人もいるようです。

特に夏場は、制汗スプレーや石鹸などで、わきの下を常に清潔に保っておくには手間がかかり、一生心がけていくには大きな労力となります。
わきがを気にし過ぎるストレスで日常生活に支障が出てしまうのは考えものです。クリニックでわきが治療を行うことで、日常的なストレスから解放されることができます。精神的な不安を取り除くためには、思いきって手術をすることも1つの方法ではないでしょうか?

ページ上部へ
HOME  |  大阪(大阪・京都・兵庫・奈良)のおすすめの美容外科クリニック紹介  |  美容整形外科の施術について
大阪(大阪・京都・兵庫・奈良)の美容整形外科クリニックの選び方
ホントはどうなの?男と女の本音  |  アンケート結果  |  運営会社  |  このサイトについて

Copyright(c) 【2020年最新版】 比較市場 All Rights Reserved.